*

人気を二分するワイモバイルとWiMAXをいろいろと比較

自分自身でワイモバイルとWiMAXという人気の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月間の料金などを比較してみましたが、上位機種における下り最大速度を除外した大体の項目で、WiMAXの方が上を行っていることが分かりました。

現時点ではWiMAX2+の回線エリアになっていないという方も、現在売られているWiFiルーターを使えば、それまでのWiMAXにも繋げられますし、追加でオプション料金を払いさえすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能です。

WiMAX2+の購入キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを継続しているプロバイダーが幾つか見られますが、キャッシュバックキャンペーンを謳っていないプロバイダーもあるので注意しておきましょう。

WiMAXの通信エリアは、一定の時間を掛けて拡大されてきました。そのお陰で、現在では街中はもちろんのこと、地下鉄の駅なども接続できないということがないレベルにまでになったわけです。

「ポケットWiFi」というのは、ソフトバンク(株)のワイモバイルという通信ブランドが売り出しているモバイル用端末のことであり、はっきり言って外出中でもネットに繋げられるモバイルWiFi端末のすべてを指すものではなかったわけです。

1か月間のデータ通信量の上限規定がないWiMAX“ギガ放題”の項目毎の料金を、各々のプロバイダーで比較して、安い順にランキング形式にて並べてみました。

月額料金だけで決定すると、必ず失敗するでしょう。

マイホームだったり戸外でWiFiを利用したいのなら、モバイルWiFiルーターが絶対に必要だと思います。

人気を二分するワイモバイルとWiMAXをいろいろと比較してみましたので、モバイルWiFiルーターを探しているようなら、ご覧ください。

モバイルWiFiを安く使いたいというなら、特に月額料金を抑えなければなりません。

この月額料金設定が低い機種さえチョイスしておけば、将来的に支払う合計金額も少なくすることが可能なので、何と言ってもその点をチェックしてください。

WiMAX 格安」、という現実的に料金が格安になっているのか?

利用のメリットや運用上の重要ポイントを理解し、評判の良い格安SIM等とも比較した上で、「現実的に購入すべきなのか?」について説明いたします。

WiMAXのサービス提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%です。都内23区は当たり前の事、日本の県庁所在地などでは、ほぼ100%通信サービスを受けることができると思っていただいてOKでしょう。

WiMAXは全コストを合計しても、他のモバイルルーターより低料金でモバイル通信ができます。サービス提供エリア内でしたら、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi機器をネットに接続することが可能です。

LTEというものは、今日の3Gを「長期的に進化させたもの」だとされ、今後登場してくるであろう4Gへの変更を円滑にするためのものです。このため、「3.9G」とも呼ばれています。

LTEと言っているのは、携帯電話であるとかスマホなどに導入されている新生の高速モバイル通信技術になります。3G通信回線と4G通信回線の間に位置する規格ということもありまして、WiMAXと同様3.9Gの範疇に入ります。

人気を博しているWiMAXを使ってみたいという人は少なくないと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+では、いったい何がどう違うのかが明確になっていない」という人の為に、その違いを比較一覧にしました。

ポケットWiFiという名はソフトバンク株式会社の商標になっているのですが、普通は「3G回線であるとか4G回線を使ってモバイル通信をやる」時に必要不可欠なポケットに収まるようなWiFiルーターのことを意味します。